【INDYCAR】モントーヤ、最初のインディカーテストに手応え

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

セブリング・インターナショナル・レースウェイで行われたインディカーテストに、チーム・ペンスキーのドライバーであるフアン・パブロ・モントーヤが参加し、7年ぶりにインディカーによる周回を行った。

モントーヤはこの日行われた1台の車によるチームテストに参加し、ウィル・パワーが最初に10ラップの走行を行った後にモントーヤが代わって車を運転し、20ラップを行ってパワーのラップタイムに10分の数秒差に迫るタイムを叩き出した。

「F1で勝利し、ポールを獲得するのは遅いドライバーにできることではない。僕は実は彼から学ぶことを期待している。彼は車に乗る前に、すでにチームに幾つかの良いアイデアをもたらしてくれた。僕がデータから見たところでは、彼は僕ととても良く似たスタイルを持っているようだ。それは我々のセットアップにとって良いはずだよ」とパワーは語った。

一方のモントーヤは午前中のテストが終了後、「最初の走行は本当に変な感じだったよ。僕達はさらなる効力を得る為にステアリングホイールを調整したが、少しやり過ぎたように思う。そのポジションはかなり違っていた。エンジンは良く働いた。アクセルを踏むと、大きなトルクがあって楽しかったね。だがブレーキングはハードだった」と語った。

モントーヤはさらに午後のセッションで車の快適性を得るために働き、またピットレーンの出口で4回のスタンディング・スタートの練習を行った。

「僕達は午後に、自分が車を快適に感じられるように様々な改良を行った。僕にとって最大のことは、全てが本当に早く推移していることで、それは嬉しいことだけど、だがあまり急ぎすぎるとミスを犯してしまいそうなんで注意しなきゃね」と彼は慎重に語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集