第6回コッパ ディ 東京 開催…多くのバルケッタが都内を疾走

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

第6回コッパ ディ 東京
  • 第6回コッパ ディ 東京
  • フィアット・850スポルトスパイダー
  • メッサーシュミット・KR200
  • OSCA・MT4 1100
  • フィアット・アバルトモノミッレGT
  • パナール・PL17
  • 三菱・500
  • シアタ・750SC
11月23日、東京汐留の通称イタリア街(東京都港区)において、Coppa di Tokyo 2013が開催された。主催はコッパ ディ 東京実行委員会。

毎年11月23日に開催されているクラシックカーイベント、コッパ ディ 東京が開催され、今年も約80台の参加車が、イタリア街を埋め尽くした。

昨年は雨に見舞われてしまったが、今年は快晴に恵まれ、クラシックカーをドライブするにはちょうど良い天気となった。

コースはイタリア街をスタートし、ベイエリアを経由。皇居、外苑、渋谷などを通過しイタリア街へ戻る約55キロの都内ツーリングである。競技はイタリア街と、晴海で行われ、ある一定の区間を決められた時間で通過するもので、例えばスタートした直後は20mを6秒で通過(この間は停止禁止)するというものである。

さて、参加車両は、戦前車からバブルカーと呼ばれる小さなクルマまで多岐に渡っているが、特にコッパ ディ 東京に多いのがバルケッタと呼ばれるイタリアの小さなオープンスポーツカーだ。今年も12台がエントリーし、小気味よい排気音とともに都内を駆け巡っていた。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集