京阪、「光の響宴」などに合わせ駅装飾やイルミネーション…ヘッドマーク掲出も

鉄道 エンタメ・イベント

「中之島ウエスト『冬ものがたり2013』」のヘッドマーク。左が7003編成、右が7004編成
  • 「中之島ウエスト『冬ものがたり2013』」のヘッドマーク。左が7003編成、右が7004編成
  • 「中之島ウエスト『冬ものがたり2013』」協働事業として中之島駅コンコースで行われる装飾「フェスティバル・ステーション」(イメージ)
  • 「大阪・光の響宴」の連携企画としてなにわ橋駅で行われるイルミネーション(イメージ)
  • 12月23日に運転される臨時列車「パーシー号クリスマストレイン」のヘッドマーク
京阪電気鉄道は11月22日、大阪・中之島で開催されるイベント「中之島ウエスト『冬ものがたり2013』」「大阪・光の響宴2013」にあわせ、中之島駅でクリスマス装飾、なにわ橋駅でイルミネーションをそれぞれ行うと発表した。ヘッドマークの掲出なども行われる。

「中之島ウエスト『冬ものがたり2013』」は11月28日から12月25日まで、中之島一帯で実施されるイルミネーションなどの催し。京阪電鉄は中之島駅地下1階コンコースにクリスマス装飾を行う「フェスティバル・ステーション」を実施する。また、京阪線を運行する7000系の2編成(7003・7004編成)に、それぞれ異なるヘッドマークを掲出する。いずれも期間は催しの会期に合わせ、11月28日から12月25日まで。

「大阪・光の響宴2013」は、中之島で行われる「OSAKA光のルネサンス」と御堂筋の「御堂筋イルミネーション」を核に、市内中心部で行われる光のイベントを一体化した催し。京阪は連携企画として「OSAKA光のルネサンス2013」の最寄り駅の一つであるなにわ橋駅の1号出入口に、約3万個のLEDを使用したイルミネーション演出「なにわ橋 光のゲート」を実施する。

光は「水都大阪を象徴する」青、「公園の木々を表す」緑、「大阪市中央公会堂のレンガを象徴する」赤の3色に次々変化するという。期間は12月15日から25日まで。最終日には同駅コンコースの「アートエリアB1」で、日本センチュリー交響楽団によるミニコンサートも行われる。

また、12月23日にはこれらのイベント来場者への利便を図った臨時列車『パーシー号クリスマストレイン』を運転する。車両は「10000系きかんしゃパーシー号2013」(10000系10001編成)を使用。大阪方先頭車内にクリスマス装飾を施すほか、ヘッドマークを掲出する。樟葉発中之島行き臨時急行2本(15時45分発・18時05分発)と、中之島発萱島行き臨時普通1本(20時30分発)の計3本が運転される。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集