東京都交通局、12月20日深夜から都営バス終夜運行を試行…渋谷~六本木間

鉄道 行政

東京都交通局は11月22日、都営バス終夜運転の試験運行を12月20日深夜(21日)から開始すると発表した。金曜深夜(土曜)の1~5時台に、渋谷駅~六本木駅間を結ぶバスを1時間10分間隔で運行する。

発車時刻は、渋谷駅発が1時10分・2時20分・3時30分・4時40分、六本木駅発が1時40分・2時50分・4時・5時10分。途中、渋谷三丁目・青山学院中等部・南青山七丁目・西麻布・EXシアター六本木に停車する。このうち渋谷三丁目は六本木駅発のみ停車する。運賃は現行の深夜バスと同じ大人400円・子供200円とする。

都営バスの24時間運転は東京都の猪瀬直樹知事が4月、米国で講演した際に実施する考えを明らかにし、交通局も6月に試験運行の概略を発表していた。交通局は今回の試験運行を通じて「都心部における深夜時間帯の交通利便性の向上を図り、国際都市東京の魅力や都市力を高めるなど、東京の発展に貢献」したいとしている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集