【東京モーターショー13】NTN、12%軽量化できる新型ハブジョイントを展示

自動車 ニューモデル モーターショー

NTNブース
  • NTNブース
  • 新型ハブジョイント スプラインの長さが短い
  • 従来のハブジョイント スプラインの長さが長い
  • 新型ハブジョイントのメリット
NTNは東京モーターショー13で、従来のスプライン型ハブジョイントと比べて12%軽量化できる新型ハブジョイントを展示した。

この新型ハブジョイントは、ハブベアリングと等速ジョイント(以下、CVJ)を独自の「プレスカットスプライン方式」で結合することにより、軽量化と接合部のガタ“ゼロ”を実現した、「プレスカットスプライン・ハブジョイント」と呼ばれるものだ。

従来のスプライン型ハブジョイントでは、オス側のスプライン歯を若干傾斜させておき、傾斜したスプライン歯を押し込むことで接合部のガタを無くしていた。しかし、この従来方式では、スプラインの長さ方向の両端部しか接合できず、中間部は接合しない状態になっていた。このため接合強度に寄与しない中間部の重量・長さ寸法が無駄になっていた。

新型のプレスカットスプライン方式では、従来のスプライン歯よりも小さめのスプライン歯(プレ・スプライン)を、ハブベアリング内径に形成し、オス側のスプライン歯をメス側のスプライン歯を切削しながら圧入することで、両者を接合するようにした。オス側のスプライン歯は、熱処理によりメス側より硬くなるように加工されている。

このプレスカットスプライン方式によりスプライン歯の全長にわたってガタなく接合することができ、スプライン長さを短くしても、従来と同様の接合強度を発揮でき、12%軽量化と長さ寸法のコンパクト化を達成できる。

しかも一旦接合した後に、分解して再接合することができ、ハブジョイントの一部が破損した場合や、ブーツが破れた場合にも従来と同様にメンテナンスできる。

NTNは現在、この新型ハブジョイントをカーメーカーにサンプル提供している段階で、今後の本採用を期待している、とのことだ。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集