充電式エボルタ40本で もてぎを22周…Ene-1 GP MOTEGI開催

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

Ene-1 GP MOTEGI
  • Ene-1 GP MOTEGI
  • Ene-1 GP MOTEGI
  • Ene-1 GP MOTEGI
  • Ene-1 GP MOTEGI
  • ツインリンクもてぎ
  • 充電池エボルタ
11月9日、パナソニックの「充電式エボルタ」を動力にした次世代エネルギーカーイベント「2013 マイナビ Ene-1 GP MOTEGI」がツインリンクもてぎで開催された。

パナソニックは同イベントのオフィシャルパートナーであり、充電式単3形電池40本を電源とするカテゴリーのEVイベント「KV-40チャレンジ」に、ニッケル水素電池「充電式エボルタ」で協賛した。

同チャレンジでは、ツインリンクもてぎのスーパースピードウェイ1周の走行タイムを競う「ONE LAPタイムアタック」と60分耐久で走行周回数を競う「e-kiden 60分ロングディスタンス」の2種目で構成され、それぞれ付与される合計ポイントで順位が決まる。

当日は、中学生から一般の人まで、全国から22チームが参戦した。中には、1周を時速約62kmのスピードで快走するチームもあり、小さな電池が持つ大きなパワーを実感できるイベントとなった。タイムアタックを完走した19チームが、60分間での走行距離を競う「e-kiden60分ロングディスタンス」に進み、60分で53.107km(22周)を走行した「TeamBIZON」(静岡県)が総合優勝を飾った。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集