【東京モーターショー13】川崎重工 紀山常務「テクノロジーで頂点を目指し、独自性と革新性を追求」

自動車 ニューモデル モーターショー

三輪電動ビークル「J」
  • 三輪電動ビークル「J」
  • プレスブリーフィングで挨拶する川崎重工業の紀山滋彦常務執行役員
川崎重工業のモーターサイクル&エンジンカンパニーのプレジデントである紀山滋彦常務執行役員は、東京モーターショーのプレスブリーフィングで3つのことを強調した。

1つ目が「多様なお客様の要望に応える」こと、2つ目が「テクノロジーで頂点を目指す」こと、そして3つ目が「独自性と革新性を追求する」ことだ。その2つ目と3つ目を具現化したとも言えるのが、今回の東京モーターショーで出展した三輪電動ビークル『J』である。

「Jは街乗りからスポーツ走行まで、異なるシーンに一台で対応することができる、未来のパーソナルモビリティです。これには川崎重工が保有する電気制御技術が詰まっています」と紀山常務。その一つが「ギガセル」と呼ばれるものだ。同社が開発した地上据置型ニッケル水素電池で、大容量の電力を蓄えることができ、公共電力の安定供給も可能とのこと。さらに、画期的な回生ブレーキも搭載されているそうだ。

「これからもモーターサイクルの世界では、皆様の心を躍らせる、わくわくするようなモーターサイクルライフを提供していきたい」と紀山常務は J を見ながら話していたが、その表情は「Ninja」シリーズが好調なこともあって明るかった。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集