【ロサンゼルスモーターショー13】日産 ジューク NISMOに「RS」…215psにパワーアップ

自動車 ニューモデル 新型車

日産 ジューク NISMO RS
  • 日産 ジューク NISMO RS
  • 日産 ジューク NISMO RS
  • 日産 ジューク NISMO RS
  • 日産 ジューク NISMO RS
  • 日産 ジューク NISMO RS
  • 日産 ジューク NISMO RS
  • 日産 ジューク NISMO RS
  • 日産 ジューク NISMO RS
日産自動車の米国法人、北米日産は11月20日(日本時間11月21日未明)、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー13において、『ジューク NISMO RS』を初公開した。

『ジュークNISMO』は、日産のモータースポーツ活動を統括するNISMO(ニスモ)が、小型クロスオーバーの『ジューク』をベースに、プレミアムスポーツ仕様を提案したモデル。内外装の専用カスタマイズをはじめ、強化した足回りや、200psへパワーアップした直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。

今回、ロサンゼルスモーターショー13で初公開されたジューク NISMO RSは、ジュークNISMOをさらに高性能化したモデル。そのハイライトは、エンジンのパワーアップにある。

直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンには、専用コンピューター採用やエグゾーストシステムの変更などのチューニングを実施。最大出力は215ps/6000rpm、最大トルクは29kgm/2400-6000rpmを引き出す。

トランスミッションは専用ギアレシオの6速MTを用意。エンジンのコネクティングロッドは、増大したトルクに耐える強化仕様。クラッチカバーやフライホイールも強化される。ヘリカルLSDも標準装備。さらに、サスペンションやブレーキも強化。トルクベクタリングAWDも専用チューンを受けており、コーナリング性能が向上。電動パワーステアリングも、チューニングが煮詰められた。

内外装も「RS」用の特別仕立て。専用エアロパーツの採用で、エアロダイナミクス性能を37%向上。専用の18インチアルミホイールに、225/45R18タイヤを履く。インテリアは、レカロ製シートやアルカンターラのステアリンングホイールなど、スポーツ性を増す演出が施されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集