【ロサンゼルスモーターショー13】日産 セントラ、北米版 シルフィに NISMO コンセプト…1.8ターボは240ps

自動車 ニューモデル 新型車

日産 セントラ NISMO コンセプト
  • 日産 セントラ NISMO コンセプト
  • 日産 セントラ NISMO コンセプト
  • 日産 セントラ NISMO コンセプト
  • 日産 セントラ NISMO コンセプト
  • 日産 セントラ NISMO コンセプト
  • 日産 セントラ NISMO コンセプト
  • 日産 セントラ NISMO コンセプト
  • 日産 セントラ NISMO コンセプト
日産自動車の北米法人、北米日産は11月20日(日本時間11月21日未明)、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー13において、『セントラNISMOコンセプト』を初公開した。

『セントラ』は元々、日本の『サニー』の北米市場でのネーミング。2004年、サニーの日本国内販売の中止に伴い、北米専用セダンとなった。現行の7代目となる新型セントラは、米国で2012年8月に発表された。

日産は2012年4月、北京モーターショー12において、新型『シルフィ』を発表し日本市場にも、同年12月に導入した。米国向けの新型セントラは、新型シルフィの兄弟車に位置づけられる。

この新型セントラをベースに、NISMO(ニスモ)が高性能化を図ったコンセプトカーが、セントラNISMOコンセプト。おとなしい雰囲気のセントラを、スポーティに変身させた。外観は、専用バンパー、グリル、フロントリップスポイラー、サイドスカート、リアスポイラーなどを装備。北米日産によると、リアスポイラーとセンターリアフォグランプは、日産『370Z』(日本名:『フェアレディZ』のデフューザーをモチーフにしているという。

エンジンは、1.8リットル直列4気筒ガソリン(最大出力130ps、最大トルク17.7kgm)に代えて、『ジュークNISMO RS』用の直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボを搭載。NISMOチューンによって、排気量は1.8リットルへ拡大され、最大出力240ps以上、最大トルク33.2kgm以上を獲得する。

トランスミッションは6速MT。足回りには、フェアレディZ用のブレンボ製ブレーキや、NISMOの強化サスペンションを装備。タイヤサイズは225/35R19とした。室内にはレカロ製シートや、NISMOのレザー&アルカンターラステアリングホイールなどが奢られている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集