ISS「きぼう」から地球撮影を行う超小型衛星など3基を放出

宇宙 テクノロジー

放出された3基の超小型衛星(出典:JAXA/NASA)
  • 放出された3基の超小型衛星(出典:JAXA/NASA)
国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟から、日本時間11月19日午後9時17分、超小型衛星3基が放出された。

今回放出されたのは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が公募し、東京大学、ベトナム国家衛星センター、IHIエアロスペースが開発した地球撮影を行う「ピコドラゴン」、NASAが公募して米国企業が開発した「Ardusat-1」と「Ardusat-X」の3基。

「きぼう」船内実験室のエアロックから船外に搬出させた小型衛星放出機構を「きぼう」ロボットアームで所定の放出方向に移動し、衛星搭載ケースのロックを解除して超小型衛星を放出した。

残りの1基は、日本時間11月20日午後4時50分に放出される予定。

また、ISSに滞在している若田宇宙飛行士は、「きぼう」と筑波宇宙センター間で通信を行う衛星間通信システム「ICS」の電子機器を設置した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集