ボーイング、中東での航空パイロットの需要の増大を予測

航空 企業動向

ボーイングは11月19日、次の20年間に中東地域に新しい航空機が納入されることによって要求される、新しい航空パイロットやテクニシャンの数がほぼ10万人に達するという予測を公表した。

ドバイ航空ショーにおいてボーイングは地域における2013年度パイロット及びテクニシャンのアウトルックをリリースした。中東の航空産業が世界の平均よりも速く成長していることを踏まえ、ボーイングのアウトルックは次の20年間でこの地域に4万人のパイロットと5万3100人のテクニシャンが必要とされると見込んでいる。

この要求を満たすために中東地域は1年間に平均で2000人の新しいパイロットと、2600人の新しいテクニシャンが必要とされる。そして60パーセント以上のパイロットの要求は、同地域へのツイン・アイルやワイドボディーの航空機の納入の増加に刺激されるものである。

一方でテクニシャンの要求数は、さらに先進的な構成部品を持つ新しい航空機のテクノロジーによってメンテナンスの必要性が減ることとなり、減少することが予想されている。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集