ボッシュ、新開発の傾斜角センサーがドゥカティ 1199スーパーレッジェーラに採用

モーターサイクル テクノロジー

SU-MM5.10傾斜角センサー
  • SU-MM5.10傾斜角センサー
ボッシュは、モーターサイクルの安全・快適機能のために車両ダイナミクス関連データを提供「SU-MM5.10傾斜角センサー」を、ドゥカティの「1199スーパーレッジェーラ」に供給すると発表した。

この傾斜角センサーは、走行中のモーターサイクルの縦加速度、横加速度、鉛直加速度、ヨーレート、ピッチレート、ロールレートを測定し、これらの情報を用いて傾斜角を計算する。

傾斜角センサーの重量は40gと、前世代よりも約60%軽量化、サイズも約3の2となっている。MEMS(マイクロ・エレクトロ・メカニカル・システム)技術が用いられた微小コンポーネントを使用することで、電力消費量を65ミリアンペアに抑えている。

また、SU-MM5.10はボッシュのシステムに限らず、あらゆるモーターサイクル用ABSと組み合わせることができるほか、顧客の仕様に基づき、傾斜角センサーが5D信号(縦加速度、横加速度、鉛直加速度、モーターサイクルのヨーレートとロールレート)を供給することで、外部のコントロールユニットを用いて、傾斜角を計算することも可能。

傾斜角センサーは測定・計算したすべてのデータをCANバス経由で伝達する。

ドゥカティは、このセンサーから供給されるデータを1199スーパーレッジェーラに搭載する「ドゥカティ・ウィリー・コントロール」などのために利用する。

また、ボッシュはコンパクトで高性能なABSシステム「ABS 9M」も供給する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集