西武、12月引退「L-train」の記念切符発売…ライオンズ選手のフリー切符も

鉄道 エンタメ・イベント

池袋線で運用されている3000系3015編成「L-train」(左)。12月に引退することが決まった。
  • 池袋線で運用されている3000系3015編成「L-train」(左)。12月に引退することが決まった。
  • 西武鉄道が11月22日から発売する「埼玉西武ライオンズプレイヤーズチケット」(イメージ)
  • 西武鉄道が11月23日から発売する「L-train さよなら 記念入場券・乗車券」(イメージ)
西武鉄道は、西武ドームで開催される埼玉西武ライオンズのファン感謝イベント(11月23日)に合わせ、11月22日から「埼玉西武ライオンズプレイヤーズチケット」を発売する。12月に引退することが決まった「L-train(エル・トレイン)」の記念切符も11月23日から発売する。

「埼玉西武ライオンズプレイヤーズチケット」は、ライオンズ8選手の写真をデザインしたフリー切符。11月22日から2014年3月31日までの期間中、多摩川線を除く西武全線が1日に限り自由に乗り降りできる。

大人・子供1枚づつの2枚セットで、オリジナル台紙付き。浅村選手と菊池投手、栗山選手と牧田投手、片岡選手と岸投手、中村選手と秋山選手が、それぞれペアになった4種類が発売される。発売額は1セット1000円。発売期間は11月22日から12月15日までの予定だが、各1500セット限定となっている。発売場所は池袋駅(11月22日初列車から)と西武球場前駅の駅前特設ブース(23日9~15時)、所沢駅(24日初列車から)。所沢駅は西武球場前駅での発売残数があった場合のみの発売となる。

「L-train」引退記念の「L-trainさよなら記念入場券・乗車券」セットは、西武球場前駅の入場券と同駅から360円区間の乗車券のセットで、1セット500円。11月23日の9時から西武球場前駅の駅前特設ブースで、翌日からは同駅の窓口で発売する。発売期間は12月15日までの予定だが、2000セットの限定販売となる。

「L-train」は2010年7月10日から運行を開始。池袋線で運用されている3000系8両編成1本(3015編成)の車体をライオンズのチームカラーである濃紺(レジェンドブルー)に塗り替え、車体の前面や側面などにチームロゴをデザインしている。12月に引退する予定。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集