ベルジャヤオート上場、マレーシア&フィリピン事業に注力

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア クアラルンプール
  • マレーシア クアラルンプール
マツダ車販売を手掛けるベルジャヤ・オートが18日、ブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)メイン市場に上場したと、ザ・スター電子版が報じた。

向こう数年間はマレーシアとフィリピン事業に注力していく方針。販売事業は子会社のベルマツ・モーターが行っている。ヨー・チューンサン最高経営責任者(CEO)が記者団に対し明らかにした。

ベルジャヤ・オートの市場シェアは、マレーシアが3.8-4.0%、フィリピンが4.0-4.5%となっている。フィリピン市場については、向こう数年で15-20%の成長を見込んでいる。フィリピン子会社のベルジャヤ・オート・フィリピンは今年1月に営業を開始したばかりだが、すでにグループ売り上げの5.2%を占めるまでになっている。長期的には15-20%を占めると予想されるという。

売り出し価格は0.7リンギだったが、一時は2.20リンギまで上昇。85セン高の1.55リンギで初日の取引を終えた。出来高は232万株。

ベルジャヤ・オートは全国に68のディーラー網を持ち、うち25カ所が3S(販売、サービス、部品交換)センターとなっている。過去5年間で、マツダの10車種、24バリアントを販売してきた。750万リンギをかけ向こう2年で新たに3Sセンターを3カ所開設する。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品