ボーイング、「777X」のローンチを発表…過去最多となる259機の発注コミットメントを獲得

航空 企業動向

ボーイング、777Xのローンチを発表
  • ボーイング、777Xのローンチを発表
  • 過去最大の受注コミットメントを獲得
ボーイングは、開催中のドバイ・エアショーで最新型双通路機である「777X」のローンチを発表した。

今回のローンチは、ヨーロッパと中東系航空会社からの259機という過去最多の発注コミットメントを受けて決定したもの。

累計獲得発注コミットメントは、ルフトハンザ航空が34機、エティハド航空が25機、カタール航空が50機、エミレーツ航空が150機。金額ベースでは、リストプライスで合計950億ドル超となり、プログラム・ローンチオーダーとしては民間航空機史上最高となった。

ボーイング民間航空機部門のレイ・コナー社長兼CEOは「777Xの画期的な新型エンジン、そして複合材を使用した新型主翼は、航空会社に大きな付加価値とともに、さらなる成長の可能性を提供する」と述べた。

777Xは、同クラスの航空機の中では受注残の55%、現在運航中の機数で71%のマーケットシェアを持つなど、乗客と航空会社から高い評価を獲得している777型機をベースとする。燃料消費率は、同クラスの競合機材と比べて12%以上向上する。

777Xファミリーは、777-8X、777-9Xの両機種で構成し、市場や航空会社からの様々なニーズに対応する。777Xは、現在同クラス機の中では最高の定時運航率を達成している777型機の優位性を継承、運航路線網の拡充や収益増など、様々な利点を航空会社に提供するとしている。

777-8Xの競合機は、エアバス「A350-1000」で、777-9Xクラスの民間航空機はライバルは存在しないとしている。

777-9Xの座席数は、各航空会社の機内仕様によって異なるが400席超。航続距離は1万5185kmで、座席当たりの運航コストは民間航空機の中で最低となる。

777-8Xは、高い柔軟性を持つ航空機を目指しており、座席数は350席、航続距離は1万7220kmと大きく延長し、競合機と比較すると、離陸性能や輸送能力が大きく上回るとしている。

777Xは、GEアビエーション製の「GE9Xエンジン」を搭載し、多くの複合材を使用した高効率新型主翼など、数多くの最新テクノロジーを採用する。新型主翼は、777型機の主翼よりも長く、折りたたみ式ウィングチップと合わせ、運航中には効率性を高めて燃料消費量を大幅に抑制、地上では搭乗ゲートへの適応柔軟性を持つとしている。

787ドリームライナーがローンチ時に「7E7」と称していたのと同様、777Xの正式名も今後決定する。機体の設計は現在進行中で、プログラムのサプライヤーに関しても今後随時発表する予定。

777Xの製造開始は2017年から、初号機のデリバリーは2020年の予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集