F3世界一決定戦、マカオGP…TOM'Sの中山雄一は12位

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

全日本F3選手権・中山雄一
  • 全日本F3選手権・中山雄一
  • 全日本F3選手権・中山雄一
11月9日から17日にかけて、中国特別区マカオの市街地特設コース、ギア・サーキットにて第60回マカオGPが開催された。

60回目を迎えたマカオGPは、2つの週末に渡ってイベントが実施されたが、F3世界一決定戦ともいえるメインのF3レースは14日から17日にかけて行われた。世界中のF3ドライバーが集まる同大会、日本からは今年、全日本F3のチャンピオンを獲得した中山雄一(TOM'S)が参戦。21位に終わった昨年に引き続き、2回目のチャレンジとなる。

17日の決勝レース(15周)は、15時30分にスタート。1周目に中団グループで多重クラッシュが発生。中山はこれをかわし、一気に12位までポジションを上げた。

1周目の多重クラッシュで導入されたセーフティカーランから4周目に再スタートが切られた後、数台にかわされ15位まで後退した中山だったが、最後は12位まで順位を上げてチェッカー。中山の2度目のマカオチャレンジは12位という結果に終わった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集