自工会、「環境レポート2013」発行…乗用車新車販売平均燃費21.6km/リットル

自動車 ビジネス 企業動向

日本自動車工業会は、環境に関する2012年度の取り組みをまとめた「環境レポート2013」を発行した。

自工会では、会員自動車メーカーによる自動車の製品設計・開発段階から生産・使用・リサイクルに至るライフサイクルを通した環境負荷低減の取り組みについて、分野・テーマごとに目標を掲げ、その実績を毎年報告している。

環境レポートによると、2012年度の主な取り組み実績では、ガソリン乗用車の新車販売平均燃費は年々向上し、2015年度燃費基準平均相当レベル(17.5km/リットル)を上回る21.6km/リットル(10・15モード)に達した。

また、新車に占める低排出ガス認定車の割合は98%超となった。2015年排出ガス基準75%低減車(4ツ星)はこのうちの96%以上を占めた。

生産での環境保全では、2012年度のCO2排出抑制は1990年度比35%減、重量で549万トンを削減した。2008~2012年度の5カ年平均では40%、505万トンを削減し、目標である2008~2012年度の5カ年平均25%、632万トン削減を下回った。

VOC排出抑制は2000年度比54.8%減となり、2010年度目標40%減を達成している。

自動車リサイクルへの対応では、ASR(シュレッダーダスト)のリサイクル率は93~96.8%を達成、2015年度以降の目標値70%以上を大きく上回った。自動車全体のリサイクル率は95%超となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集