ボーイング、アビエーション・ウィークよりプログラムの優秀性の表彰を受ける

航空 企業動向

エイビエーション・ウィークより表彰を受けるボーイングの副社長兼P-8プログラム管理者であるリック・ヒーアット氏
  • エイビエーション・ウィークより表彰を受けるボーイングの副社長兼P-8プログラム管理者であるリック・ヒーアット氏
エイビエーション・ウィーク&スペース・テクノロジーは、ボーイングの『P-8Aポセイドン』プログラムと『F-15』後方支援プログラムの優秀性を認め、フェニックスで行われた式典にて同社を表彰した。

エイビエーション・ウィークの賞は航空宇宙と防衛プログラムを成功させる管理やリーダーシップ、最高の実践やベンチマーキング、そして他の要素を認識するものである。

ボーイングのP-8A海洋監視航空機プログラムはシステムレベルの生産カテゴリーにおいて第1位を獲得、F-15戦闘ジェット機のレーダー契約者の後方支援サポート(CLS)パフォーマンスをベースにした後方支援(PBL)プログラムは、サブシステムの定着化カテゴリーにおいて最終選考にまで進出した。

米海軍はP-8Aを過去30年において最も成功した、国防相の獲得した重要なプログラムと位置づけている。

「我々はP-8Aプログラムにおいて、米海軍という素晴らしいパートナーを持つことを幸運としている。そして産業チームの全員は、この賞を獲得した名誉に値する」とボーイングの副社長兼P-8プログラム管理者であるリック・ヒーアット氏は語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集