マツモトキヨシ、タイ小売り大手と提携 PB商品など販売

エマージング・マーケット 東南アジア

【タイ】マツモトキヨシホールディングスは14日、タイ小売り大手セントラル・グループ傘下でスーパーなどを経営するセントラル・フード・リテールと提携し、自社プライベートブランド(PB、自主開発)の化粧品、健康食品などをタイで販売する方針を明らかにした。

 具体的な事業展開は今後両社で協議する。

 セントラル・フード・リテールはスーパーの「トップス」など228店を展開。2012年の売上高は290・5億バーツ。
《newsclip》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品