ISS、若田宇宙飛行士らロシアの船外活動を実施、第36/37次長期滞在クルーは帰還

宇宙 企業動向

船外活動でトーチを掲げるコトフ宇宙飛行士(出典:JAXA/NASA)
  • 船外活動でトーチを掲げるコトフ宇宙飛行士(出典:JAXA/NASA)
  • ISSから分離したソユーズTMA-09M宇宙船(出典:JAXA/NASA)
若田宇宙飛行士が滞在する国際宇宙ステーション(ISS)では、11月9日から10日にかけてロシアの船外活動が行われた。

11月11日にソユーズTMA-09M宇宙船はISSから分離し、若田宇宙飛行士らは第38次長期滞在クルーとしての活動を開始した。

船外活動は、日本時間11月9日午後11時34分に開始され、5時間50分にわたって実施された。船外活動を担当したオレッグ・コトフ、セルゲイ・リザンスキー両宇宙飛行士は、米国時間8月22日に第36次長期滞在クルーが実施した船外活動作業の続きとして、カメラのプラットフォームと船外活動作業用プラットフォームの整備作業を行った。

今回の船外活動では、若田宇宙飛行士らが搭乗したソユーズTMA-11M宇宙船で運んだソチオリンピックのトーチをISSの船外に持ち出すパフォーマンスも行われた。

また、11月11日には、第36/第37次長期滞在クルーとしてISSに滞在していたフョードル・ユールチキン、カレン・ナイバーグ、ルカ・パルミターノ宇宙飛行士の3人が、ソユーズTMA-09M宇宙船に搭乗し、地上に帰還した。第36/第37次長期滞在クルーの帰還に先立ち、ユールチキン宇宙飛行士からコトフ宇宙飛行士に、ISSの指揮権が移譲された。

ソユーズTMA-09M宇宙船は、日本時間11月11日午前8時26分に分離し、コトフ宇宙飛行士をコマンダーとする第38次長期滞在が開始された。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集