クアラルンプール国際空港のLCC新ターミナル、年内に完工予定

エマージング・マーケット 東南アジア

セランゴール州セパンのクアラルンプール新国際空港(KLIA)格安航空会社専用ターミナル(KLIA2)の建設に関して、UEMとビナ・プリの合弁は工事の進捗状況が98%に達したと発表した。

ビナ・プリのティー・ホックセン社長によると、建設工事は年内に完工し、安全確認調査には5カ月を要する。安全確認調査はすでに開始されているという。

「KLIA2」は格安航空の需要の高まりを受け、現行の格安航空ターミナル(LCCT)に代わるものとして総工費40億リンギをかけて建設が始まった。年間取扱能力は4,500万人に達する見通しだ。

空港運営のマレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)は、工事が遅延したため開業日が遅れたことからUEMコンストラクションとビナ・プリの合弁企業に対し、1日当り19万9,445.40リンギの遅延確定損害金(LAD)を課すことを発表しているが、ティー社長はこれまで何も進展がないと述べた。

ビナ・プリは11日、タイにおいてUFUNグループと中国人投資家のタン・コンシュー氏と合弁を設立し、「バンコク・マリーナ・リゾート&スパ」を開発すると発表した。総開発価値(GDV)は、20億バーツ(2億リンギ)になると見込まれている。
広瀬やよい

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集