大日精化と三菱商事、メキシコで自動車向け樹脂コンパウンドを製造する工場を新設

自動車 ビジネス 企業動向

樹脂コンパウンド
  • 樹脂コンパウンド
  • グアナファト州には自動車産業の一大集積地となっている
大日精化工業と三菱商事は、メキシコ合衆国グアナファト州に、主に自動車向けの樹脂コンパウンドを製造・販売する新会社を設立することで合意した。

新会社「DM・カラー・メキシカーナ」は、資本金が1000万米ドルで、出資比率が大日精化65%、三菱商事35%。2015年1月から樹脂コンパウンドを生産する予定。

メキシコの自動車生産台数は、現在約300万台と世界8位で、今後も生産台数は伸びる見通し。自動車生産に必須の原材料である樹脂コンパウンドの需要も伸長すると見られており、これら原材料の現地生産化のニーズも高まっている。

大日精化、三菱商事の両社は樹脂コンパウンドの現地調達需要に対応するため、自動車産業の一大集積地である同国グアナファト州に新会社を設立し、高品質の樹脂コンパウンド供給拠点として、メキシコや周辺地域へ安定供給していく。

大日精化はこれまで、アジア圏を中心に世界各地で樹脂コンパウンド事業を展開してきた。今回のメキシコ進出によって7カ国10拠点体制が整う。新会社でも、長年培った生産管理やスピーディーな調色などきめ細やかな顧客サービスを提供するとともに、現地や周辺国の需要に合わせた最適な生産体制を構築する。

三菱商事は、米国で確立した合成樹脂取引の知見をメキシコでも活用することにより、新会社を支援し、米州の合成樹脂分野におけるサプライチェーンの一端を担う。

この一環として、樹脂関連製品の販売拠点として、メキシコ三菱商事化学品第二部ケレタロ分室を新会社近郊に開設した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集