日立製作所、英国で鉄道車両生産拠点の建設に着手…2016年生産開始へ

鉄道 企業動向

生産拠点が設けられるニュートン・エイクリフの位置。ロンドンから北北西へ約350kmにある。
  • 生産拠点が設けられるニュートン・エイクリフの位置。ロンドンから北北西へ約350kmにある。
  • 日立が受注した英国向け高速車両のクラス800。
日立製作所の英国鉄道システム事業会社「日立レールヨーロッパ社」はこのほど、北東イングランドのダーラム州ニュートン・エイクリフに設ける鉄道車両の生産拠点の建設に着手した。日立製作所が海外に鉄道車両の生産拠点を設けるのは初めて。

日立製作所は2012年7月、英国運輸省(DfT)の都市間高速鉄道計画(IEP)について、同社が出資するアジリティ・トレインズ社を通じて契約を締結。本年7月にはIEPに関する追加受注も内定しており、日立製作所はアジリティ・トレインズ社が提供する車両のリース事業向けに計866両の車両を提供することになる。これに伴い、IEP向けをはじめとする鉄道車両の海外生産拠点を建設することにした。

生産拠点の建設にあたっては、5月に英国の開発業者であるマーチャント・プレイス・デベロップメント社と正式契約を締結しており、2016年の生産開始を目指して建設を進める。建設費は約8200万ポンド(約130億円)。生産能力は1カ月あたり35両を予定している。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集