安倍総理、自動運転技術の実験車両に試乗

自動車 社会 政治

日産リーフをベースとした自動走行車に試乗する安倍首相(写真:日産自動車が公開した動画より)
  • 日産リーフをベースとした自動走行車に試乗する安倍首相(写真:日産自動車が公開した動画より)
  • リーフをベースにした自動運転車
  • ホンダ 協調型自動運転車
  • レクサスLSがベースのトヨタのロボットカー
9日、安倍晋三首相が、自動運転技術の実験車両を使った公道実証に参加。トヨタ、ホンダ、日産、国内自動車メーカー3社のナンバープレートを取得した実験車両で、国会周辺を試乗した。

自動運転技術は、車両周囲のカメラ、レーザースキャナー、レーダー等により、周囲の車両、歩行者、信号や交通標識等を認識、車載コンピューターで判断してモーターやステアリング、ブレーキなどを制御し、自動走行を可能とするもの。日産では、2020年に自動運転技術の市販化を目指すことを発表している。

公道実証に参加した、日産の志賀俊之副会長は「今回、総理に実際にご試乗いただき自動運転の公道実証を実施できたことで、自動運転の実現に向け大きな一歩を踏み出すことができました。日産は、より安全で快適、かつ環境に優しい将来モビリティの実現に向け、自動運転を早期に実用化するために、今後政府や関係機関、企業との連携をより一層、強化していきたいと考えています」とコメントした。



《》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品