キャデラックCTS、モータートレンドの2014カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

自動車 ニューモデル 新型車

キャデラックCTS、モータートレンドのカー・オブ・ザ・イヤーを受賞
  • キャデラックCTS、モータートレンドのカー・オブ・ザ・イヤーを受賞
ゼネラルモーターズ(GM)キャデラックは、米国自動車メディアのモータートレンドが発表した「2014カー・オブ・ザ・イヤー」に、新型「キャデラックCTS」が選ばれたと発表した。

新型「キャデラックCTS」の受賞について、モータートレンドのエド・ロー編集長は、「審査員は、特に、キャデラックCTSのエンジンのレスポンス、滑らかな乗り心地、スポーティなハンドリングとのバランスに感銘を受けた」と受賞理由を述べている。

モータートレンドのカー・オブ・ザ・イヤーは、新型車やその年に大きく変化した車が対象で、エントリーする車は、加速、ブレーキ、限界までのハンドリングについてテストし、計測される。今回は、22台がエントリーされ、ファイナリストには、新型「キャデラックCTS」の他に、「BMW4シリーズ」、「シボレー・コルベット」、「ジャガー・Fタイプ」、「起亜・フォルテ」、「マツダ3」、「マツダ6」、「メルセデス・ベンツSクラス」の7台が選ばれた。

ファイナリストのモデルは、プロフェッショナル・オートモーティブ・テスト・センターの3つの異なるコースで、乗り心地、エンジンやトランスミッションの滑らかさやレスポンス、風切音、ロードノイズ、人間工学的な要素で評価された。

キャデラックはこれまで、モータートレンドのカー・オブ・ザ・イヤーを1949年に初受賞して以来、1952年、1992年の「キャデラック・セビル」、2008年の「キャデラックCTS(第2世代)」が受賞している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集