航空機整備SRテクニクス、来月マレーシアに修理拠点開設

エマージング・マーケット 東南アジア

スイスの航空機整備会社のSRテクニクスは12月、セランゴール州シャアラムにアジア太平洋地域(APAC)のメンテナンス・修理・整備(MRO)拠点を開設する。ニュー・ストレーツ・タイムズが報じた。

開設から年末にかけて一日に30件サービスを行う。2014年末までに一日平均で100件のサービスを行う計画だ。また2014年末までに、▽ニューマティック・システム▽油圧系統システム▽アクセサリー▽アビオニクス部品--など1200種類の部品修理と行う計画だ。

SRテクニクスはAPAC拠点の設立に際し、インドネシアやベトナムなどと政治的安定性、マクロ経済環境、地理的位置などについて検討したが、マレーシアが最も適していると判断したと明らかにした。

SRテクニクスは、アブダビのムバラダ・エアロスペースのMROネットワークの一事業。スイス、スペイン、アブダビに整備施設を持つ。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース