アウディがカンボジアに進出

エマージング・マーケット 東南アジア

ドイツの高級車アウディが、カンボジアに進出した。プノンペンポスト等が報じた。

2014年半ばの販売開始に向け、モニボン通りにショールームと工場を建設予定。ベトナムのアウディ輸入業社の子会社である、オートモーティブ・アジア社が正規代理店となる。

オートモーティブ・アジア社のローラン・ジュネ会長は「市場は小さいが、成功するだろう。アウディは他社とは違い、空港からではなく、プノンペンの中心部からアプローチをする。一方で、経験のある整備士を探すという課題がある」と話す。

カンボジアの高級車市場には、すでにメルセデス・ベンツ、BMWが進出している。
BMW代理店のピーター・ブロンガー氏は「カンボジアでも、正規代理店から車を購入し、安全性を重視する、という意識が広がりつつある。アウディの参入は、大いに歓迎だ」と語った。

商業省の統計によると、今年6ヶ月間でカンボジアは、バイクを含む約44万台の車両を輸入。2012年の同時期に比べて17.8%下落した。
《黒間 雅人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集