ボーイング、ライオングループNG737納入を祝う

航空 企業動向

100機目のNG737納入を祝うライオングループとボーイング
  • 100機目のNG737納入を祝うライオングループとボーイング
ボーイングは11月4日、インドネシアで最大の航空会社グループであるライオングループが、100機目のネクスト・ジェネレーション(NG)737の納入を祝ったことを発表した。

ライオングループ100機目の航空機である737-900ER(延長航続距離)には、この納入を祝う為の特別な塗装が施されている。

「ライオングループにとって驚異的な瞬間である。我々は1機の飛行機から成長し、今日我々にとって100機目となるネクスト・ジェネレーション737の納入を受けた。それは我々が成長し、成功することを可能にする航空機である」とライオングループの取締役社長であるラスディ・キラナ氏は語った。

ライオン・エア・グループはインドネシアにおいて広大なルートネットワークを運用している。国内線においては、ライオン主要ラインと子会社であるウイングス・エアがインドネシアで76の目的地へアクセスし、このグループをインドネシアにおける最大の国内線ネットワークとしている。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集