米海軍とミサイル防衛局が陸上ミサイル防衛システムの準備性を実証

航空 テクノロジー

イージス陸上ミサイル防衛システムのテストを行う、米海軍とアメリカミサイル防衛局の面々
  • イージス陸上ミサイル防衛システムのテストを行う、米海軍とアメリカミサイル防衛局の面々
ロッキード・マーチンは11月4日、米海軍とアメリカミサイル防衛局が、イージス陸上システムの運用上の準備性をルーマニアに対して実証したことを発表した。

このシステムはその再配置可能な甲板室と共に、2015年に弾道ミサイル防衛(BMD)の為の管理者の欧州段階適応的手法の一部としてルーマニアに派遣される。チームは来年、ルーマニアにこのシステムが配送する前に、完全な任用テストを実行している。

このセレモニーは合同チームによって6ヶ月以内に、システムの2番目の着火がされたことを印すものである。最初のイージス陸上システムは、次の年にハワイにある海軍の太平洋ミサイル発射施設において行われる、最初のライブテストの準備が進行中である。

最新世代のBMDであるイージス陸上システムは、「BMD 5.0」として知られ、実証された海上ベースのイージスBMD機能の進化型で、陸上をベースとした環境の為に、革新的な適合性を使用している。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集