ボーイング、カーティス‐テイラーの複葉航空機による南アフリカから英国への飛行を支援

航空 エンタメ・イベント

ボーイングは11月4日、1928年にレディ・メリー・ハースが行った南アフリカ‐英国間の飛行を再現するため、修理されたボーイング『ステアマン・オープン・コクピット』複葉機を使って、7000マイルの単独飛行を行う、トレーシー・カーティス‐テイラーを支援することを発表した。

英国人女性パイロットであるカーティス・テイラーは11月2日にケープタウンを離陸し、12月にロンドン近郊にあるグッドウッドに到着する予定である。彼女は「スピリット・オブ・アルテミス」と命名された、改装された1942年型ステアマンを操縦している。

「私はこの長旅が、航空機の歴史とボーイングの貢献、そして我々が今日アフリカの航空産業に果たしている重要な役割について学ぶことを期待している」とボーイング軍用航空機の社長であるクリス・チャドウィック氏は語った。

1930年代と1940年代に、8500機以上のステアマンが米国で製造された。この航空機は第二次世界大戦の間、米空軍と海軍の主要な練習機の役割を果たした。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集