【NASCARスプリントカップ・チェイス 第7戦】エドワーズ、テキサスでポール獲得

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

NASCARは11月1日、テキサス・モーター・スピードウェイで行われたAAAテキサス500の予選で、カール・エドワーズが1.5マイルのレーストラックで27.535秒(196.114マイル/時)の最速ラップを記録し、日曜日のレースでのポールポジションを獲得したことを発表した。

エドワーズは同じフォードのドライバーであるブラッド・ケセロウスキー(196.100マイル/時)を僅かに0.002秒上回ることとなり、フロントローのスターティングポジションを確保した。

ジミー・ジョンソンが195.943マイル/時のスピードで予選3位となり、ジョンソンと同点でポイントスタンディングのトップを行くマット・ケンゼスは195.518マイル/時で6位、27ポイント差でスタンディング3位につけているジェフ・ゴードンは予選8位となった。

「遅いドローに助けられたね。第2ターンで車が小刻みに動揺したので、ポールの獲得は無理だと思った。だが、第3と第4ターンを本当に上手く抜けることができた。他の誰かが、あれ以上に上手く抜けることができるとは思わなかったよ」とエドワーズは語った。

予選3位となったジョンソンは第4ターンでウォールを軽く擦り、ポール獲得の希望を失ってしまった。

「認めたくないけど、僕は目を閉じなければならなかった…なぜならウォールに当たると思ったからだ。僕は車の後ろのバンパーカバーとテールライトのステッカーを削ってしまったよ」とジョンソンは語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集