ブラジル初のモノレールが公開…2014年一部開業予定

鉄道 行政

ブラジルのサンパウロで開業に向け準備が進んでいる同国初のモノレールが10月30日、関係者らに公開された。サンパウロ州政府が発表した。同線はサンパウロメトロ(地下鉄)路線網の一環として、2014年に一部区間が開業する。

同モノレールは地下鉄2号線と接続する「15号線」として整備され、全長約25km・18駅。2014年1月に最初の区間2.9kmが開業する予定だ。カナダ・ボンバルディア製の跨座式モノレールシステム「INNOVIA」を採用し、車体幅3.15mの片側2ドア車7両編成が自動運転を行う。最小運転間隔は75秒で、全線開業時には54編成が投入され、上下線合わせて1時間あたり9万6000人を輸送できるという。


(動画はYoutubeのサンパウロ州政府チャンネル掲載)

サンパウロではこのほかに「17号線」として、マレーシア企業のスコミ(Scomi)などによるモノレールの建設が進んでおり、ほかにも建設計画がある。また、ブラジルでは北部の都市マナウスでもモノレールが建設されている。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集