マレーシア破産宣告者、年初9カ月で1万6306人に…自動車ローン破綻がトップ

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシアでは、破産宣告を受けた個人の数は今年年初9カ月ですでに1万6306人に達しており、毎日60人が破産している計算になっている。

ナンシー・シュクリ首相府相が明らかにした。35-44歳の年齢層が最も多く、全体の34%を占めた。45-54歳は26%、25-34歳は20%、55歳以上は11%だった。

破産件数は2007年には1万3,238人だったが、2008年は1万3,855人、2009年は1万6,228人、2010年は1万8,119人、2011年は1万9,167人、2012年は1万9,575人と年々増加の一途をたどっている。

2007年からの累計は11万6,488人で、民族別ではマレー人が45.10%を占めて最も多く、華人は32.97%、インド系は12.63%を占めた。
破産原因については、自動車ローン破綻が26.14%を占めて最も多く、住宅ローン破綻が17.62%、個人融資破綻が15.50%、ビジネス融資破綻が12.39%をそれぞれ占めた。クレジットカード破綻も4.18%を占めた。性別では男性が70%を占めた。

シュクリ大臣によると、政府は一旦破産宣告を受けた人が再出発の機会を得られやすいように個人破産の定義見直しを検討中。債務額の下限を3万リンギから5万リンギに引き上げる方針だという。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース