JAL、燃料価格下落予想や旅客需要増加などから通期業績見通しを上方修正

航空 企業動向

日本航空(JAL)が発表した2013年9月中間期の連結決算は、営業利益が前年同期比14.6%減の958億円と減益となった。

売上高は同4.0%増の6593億円と増収となった。このうち、国際旅客収入は新規路線の開設などの効果もあって、同5.7%増と伸びたほか、国際・国内貨物収入が同2.7%増となった。国内旅客収入は、国内線ネットワークを拡充したものの、同0.5%増と微増だった。

収益では、円安などによる燃料価格上昇などの影響から利益率が悪化した。経常利益は同18.8%減の901億円と落ち込んだ。当期純利益も同17.8%減の819億円だった。

通期業績見通しは、売上高が市況前提の見直しに加え、東南アジア方面の旅客需要が好調に推移していることから、前回予想より140億円の増加となる1兆2860億円に上方修正した。

営業利益は、円安による各費用の上昇は想定されるものの、燃油市況下落の影響や、グループ全体でのコスト削減を継続、前回予想より150億円増の1550億円、経常利益が170億円増の1440億円に上方修正した。

当期純利益は1180億円を想定していたが1280億円となる見込み。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集