フォード フィエスタ、米国に「1.0エコブースト」…高速燃費はフィット上回る

自動車 ニューモデル 新型車

フォード フィエスタの1.0エコブースト
  • フォード フィエスタの1.0エコブースト
  • フォードモーターの直噴3気筒ガソリンターボ、1.0エコブースト
米国の自動車大手、フォードモーターは10月29日、米国市場に投入するフォード『フィエスタ』の新グレード、「1.0エコブースト」の環境性能を公表した。

「エコブースト」は、フォードモーターの新世代ガソリンエンジン。最新の直噴技術やターボチャージャーなどを採用することで、パワーと環境性能を両立する。その中でも、ダウンサイジングコンセプトを前面に押し出しているのが、シリーズ最小の1.0リットルの排気量を備えた3気筒ユニットだ。

1.0エコブーストは、最大出力が100psと125psの2種類のチューニングが存在。欧州仕様の場合、100ps仕様のCO2排出量は109g/km。125ps仕様でも、CO2排出量は114g/kmと、クラストップレベルの優れた環境性能を実現する。

今回、フォードモーターは、フォード フィエスタ1.0エコブーストの米国市場投入を控えて、環境性能を開示。米国には125ps仕様を投入するが、その米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地32マイル/ガロン(約13.6km/リットル)、高速45マイル/ガロン(約19.13km/リットル)、複合モード37マイル/ガロン(約15.73km/リットル)と公表された。

フォードモーターは、「最大出力120ps以上のサブコンパクトカーで、45マイル/ガロンの高速燃費はフィエスタだけ。高速燃費はホンダ『フィット』よりも約5.1km/リットル、トヨタ『ヴィッツ』よりも約3.4km/リットル優れる」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集