SRT バイパー、減産へ…販売不振で生産調整

モータースポーツ/エンタメ 出版物
SRT バイパー
  • SRT バイパー
  • SRT バイパー
  • SRT バイパー
  • SRT バイパー
  • SRTバイパーの減産を伝えた『オートモーティブニュース』
米国を代表するスポーツカーのひとつ、SRT『バイパー』。同車が販売不振により、減産体制に入ることが分かった。

これは10月2日、『オートモーティブニュース』が報じたもの。同メディアの取材に応じたクライスラーグループの広報担当は、SRTバイパーを生産するミシガン州デトロイトのコナーアベニュー工場について、「従業員の一部を10月2日付けで他の工場に異動し、SRTバイパーの減産を行う」と明かしたという。

減産の理由は、SRTバイパーの販売不振にある。同メディアによると、従来、SRTバイパーは1日当たり9台を生産。しかし、需要の低迷により、今後は1日当たり6台へと生産台数を調整するとのこと。

SRTバイパーには、現在のダウンサイジングトレンドとは無縁の大排気量V型10気筒ガソリンエンジンを搭載。このV10は先代のダッジ『バイパー』同様、排気量は8.4リットル。しかし、ピストンやインテークマニホールド、エグゾーストバルブなどに、大幅な改良を受けており、最大出力は640ps、最大トルクは83kgmを引き出す。0‐96km/h加速は3秒以下、最高速は331km/h。

2013年8月には、2014年モデルを発表。ベースグレードの価格を2000ドル(約20万円)引き上げ、10万ドル(約1000万円)としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • シボレー コルベット 新型、米国工場から出荷開始 画像 シボレー コルベット 新型、米国工場から出荷開始
  • 映画『トランスフォーマー4』のバンブルビー、カマロが進化…表情一新 画像 映画『トランスフォーマー4』のバンブルビー、カマロが進化…表情一新
  • 価格も決まらぬうちに、コルベットがプレオーダーで50台を受注 画像 価格も決まらぬうちに、コルベットがプレオーダーで50台を受注
  • フォード マスタング、米フラットロック工場での累計生産台数が100万台 画像 フォード マスタング、米フラットロック工場での累計生産台数が100万台

特集