豊田自工会会長、自動車産業にアクセルパワーを…消費税率引き上げ

自動車 ビジネス 国内マーケット
日本自動車工業会の豊田章男会長は10月1日、同日夕に政府が臨時閣議で決める消費税率の引き上げ方針に関し「経済の活性化につながる合わせ技を是非実施していただきたい」と要望した。

豊田会長は、消費税率の引き上げに対して「子供たちの笑顔の未来に必要であり、自工会は条件付き賛成」と、従来の立場を表明。そのうえで、条件としている「車体課税の抜本改革」について「世界的にも非常に不公平な重課税となっている。1日も早い不公平の解消を」と、強調した。

そうした車体課税の改革は「日本経済のジェネレーターである自動車産業のアクセルパワーになる」とし、消費税増税で懸念される日本経済の腰折れを防ぐためにも「是非実行してほしい」と、注文した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • 【CEATEC13】豊田自工会会長、クルマとエレクトロニクスのコラボに注目を 画像 【CEATEC13】豊田自工会会長、クルマとエレクトロニクスのコラボに注目を
  • 豊田自工会会長、クルマのワクドキにこだわる…明大で出張授業 画像 豊田自工会会長、クルマのワクドキにこだわる…明大で出張授業
  • 自工会豊田会長、新興国市場「現実を見極めながらやっていく」 画像 自工会豊田会長、新興国市場「現実を見極めながらやっていく」
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース