エアアジア、インド航空省から事業展開について重要承認を獲得

エマージング・マーケット インド・南アジア

エアアジアはNOC(Non Objection Certificate:異議なし証明書)を航空省から獲得したと、ミント紙が伝えている。

エアアジアCEOのフェルナンデス氏はTwitterにて、「われわれAir Asia Indiaが航空省からNOCを獲得することができるか、ヒヤヒヤしていた。今回の承認に非常に興奮している。」とツイートしている。

本NOCを元に、Air Asia Indiaは事業開始前の最終承認ステージへ向かう。

Air AsiaはAir Asia India(株式保有比率、Air Asiaマレーシア49%、TATAグループ30%、Telstraグループ21%)として、事業開始予定。

これまでAir Asiaはインドでは現在、チェナイ、バンガロール、ティルッチラーッパッリ、コチ、コルカタに就航している。
編集部

編集部おすすめのニュース

特集