【トヨタ クラウン マジェスタ 新型発売】縦型リアコンビ継承せず「あえて差別化しない」

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ 新型 クラウン マジェスタ
  • トヨタ 新型 クラウン マジェスタ
  • 左がマジェスタ、右がロイヤル
  • トヨタ 新型 クラウン マジェスタ
  • トヨタ自動車製品企画本部 岩月健一主幹
  • マジェスタ リアドア
  • ロイヤル リアドア
トヨタ自動車が9月9日に発売した新型『クラウン マジェスタ』は、先代まで受け継がれていた縦型リアコンビネーションランプが廃止されたのを始め、リアデザインはクラウン ロイヤルと同一のものになった。

製品企画を担当した岩月健一主幹は「先代までのマジェスタがクラウンからちょっと離れてしまっていた。それをよりぐっとあえて戻すということで、どこかクラウンの拠りどころみたいなところを残しておくのも悪いことではないと思い、なので今回、リアはロイヤルと全く一緒にした」と解説。

さらに「マジェスタは縦型のリアコンビランプが差別化アイテムのその1というものでしたが、それもあえて差別化しないというのも今回の狙い。リアがロイヤルと一緒なので他の車にいくというお客様はさすがにいない。もちろん意見としてはあるが棄却理由には幸いなっていない。今回、リアを差別化するというアイディアは当然あったが、やはりトップオブクラウンということで変えなかった」と強調する。

その一方で「リアのドアのスカッフプレートにネームが入っているのはマジェスタだけ。ロイヤル/アスリートのリアドアのスカッフプレートはネームが入っていない。あそこにネームを入れるのはマジェスタの伝統で、先代まではクラウンから遠ざけるためのアイテムとしてマジェスタと入れていたが、今回はリアのスカッフプレートにネームが入るというマジェスタの伝統を継承しつつ、クラウンファミリーであるということでクラウンのロゴをいれた。こだわりといえばこだわり」とも述べていた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集