ケダ州前首相のアジザン氏が死去、補欠選挙実施へ

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア クアラルンプール
  • マレーシア クアラルンプール
ケダ州前首相のアジザン・アブドル・ラザク氏(汎マレーシア・イスラム党=PAS)が26日午前11時、多臓器不全のため同州アロースターの病院で死去した。69歳だった。ニュー・ストレーツ・タイムズが報じている。

アジザン氏は、5月5日に行われた総選挙の直後の5月9日に糖尿病のため両脚を切断したが、循環器系の疾病の悪化で8月14日に再入院。病室内で州議会議員の宣誓を行なった。今月25日に二度にわたる心臓発作を起こして病状が悪化し、危篤状態となっていた。

アジザン氏の死去に伴い、同州議会スンガイ・リマウ選挙区の補欠選挙が60日内に行われる。5月の総選挙では、病身をおして出馬したアジザン氏が与党連合・国民戦線(BN)候補に3千票あまりの差をつけて再選を果たした。アジザン氏は1978年にPASに入党、1995年に初当選し2008年から2013年5月までケダ州首相を務めた。
総選挙後に行われる補選としては、7月24日のトレンガヌ州議会クアラベスット選挙区に次いで二度目となる。クアラベスット選挙区補選では、与党連合・国民戦線(BN)が圧勝した。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース