地図と測量の科学館、研究学園都市50周年を記念した企画展開催…10月1日から

自動車 社会 社会

国土地理院内の「地図と測量の科学館」では、同館のある筑波研究学園都市50周年記念連携企画展として、10月1日より『つくば ときの記憶 ~地図と写真でたどる学園都市の今むかし~』展示を開催する。

昭和38年(1963年)9月、茨城県つくば市に「筑波研究学園都市」建設が決定してから今年で50周年となるのを記念し、11月12日つくば国際会議場における記念式典を始めとした周年記念事業が予定されている。茨城県つくば市、国土地理院内で日本初の地図と測量に関する展示施設、「地図と測量の科学館」では、1946年、つくば市発足前の現つくば市地域を撮影した写真を始め、筑波大学上空から学園都市の中心を望む写真などを展示する。開催は地図と測量の科学館1階ギャラリーにて、入館無料。

開催期間:2013年10月1日(火) ~ 12月1日(日) 
開催時間:9時30分~16時30分
開催場所:茨城県つくば市北郷1番「地図と測量の科学館」1階ギャラリー
休 館 日:10月7日・12日・13日・15日・21日・28日/11月5日・11日・18日・25日
入館料:無料
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

特集