エアバス、インドと中国の拡大する乗客市場向けにA330の最新バージョンを紹介

航空 企業動向

エアバスA330-300
  • エアバスA330-300
  • エアバスA330-300
  • エアバスA330-300
  • A330-300のコクピット
エアバスは9月27日、成長を続ける中国とインドの航空乗客市場に対応して、A330の最新バージョンである『A330-300』への投資を継続することを発表した。

356から400座席に拡大された許容人数と運用重量、最適化された推進エンジンと最新テクノロジーを持つコクピット、そしてオーダーメイドされた乗客のキャビンにより、新型A330-300はシングル・アイル機『A321』とほぼ同等の単価を提供するという。

A330-300を短距離運航にマッチさせる為、そのキャビンは近代的な軽量でスリムなラインを持つエコノミー座席(典型的な長距離飛行の座席の半分の重量)や国内及び地域ルート用に最適化された厨房、長距離飛行で必要とされるクルーの休憩場所の廃止などが施されている。

そしてコクピットはエアバスの『A350 XWB』と『A380』の最新テクノロジーが統合され、A330-300の高頻度の運用に対応している。

エアバスの最新のA330バージョンの開発は、A330がすでに多くの国内サービスを運航している中国を含む世界中の短・中距離レンジで、このジェット旅客機が成功を収めた展開をベースとして行われる予定だ。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース