パイオニア、リア用モニター4機種を発売…上位モデルはHDMI対応

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

パイオニア・TVM-FW1000
  • パイオニア・TVM-FW1000
  • パイオニア・TVM-FW1010
  • パイオニア・TVM-W710
  • パイオニア・TVM-W910
パイオニアは、カーナビやカーAV機器からのDVDビデオや地上デジタル放送の映像を後部座席で楽しめる、リア用モニター4機種を10月上旬より発売する。

ミニバンの天井に設置するタイプのフリップダウンモニター「TVM-FW1010/FW1000」は、高輝度LEDをバックライトに採用した大画面10.2V型ワイド液晶パネルを採用。3次元Y/C分離やアドバンスドシャープネスなどの画像処理回路の搭載により、色にじみやチラつきが少なく、くっきりと見やすい高精細な映像再生を実現する。

また、入力切換や画質調整に加え、リモコン受光部を備えた同社カーナビゲーションなどのソース切換、ボリュームアップ/ダウン、曲送り/戻しなどの操作に対応したリモコンが付属。専用の取付キット(別売)を使用することで、ミニバンの天井部分にスマートな取り付けが可能となっている。

9V型の「TVM-W910」と7V型の「TVM-W710」は、助手席ヘッドレストシャフトに取り付ける専用金具が付属し、幅広い車種に簡単に取り付けることができる。

入力端子はRCAビデオ2系統。TVM-FW1010とTVM-W910はHDMI入力端子も備える。

価格はいずれもオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集