NASA、ソユーズ宇宙船打ち上げのパブリックビューイングを実施…日本時間26日早朝打ち上げ

宇宙 エンタメ・イベント

マイケル・ホプキンス、オレッグ・コトフ、セルゲイ・リザンスキー宇宙飛行士
  • マイケル・ホプキンス、オレッグ・コトフ、セルゲイ・リザンスキー宇宙飛行士
  • ISSとドッキングしているソユーズ宇宙船(31S)とプログレス。2012年7月に撮影された。
  • 国際宇宙ステーション
  • 射点に立つソユーズTMA-08M宇宙船(34S)を搭載したソユーズロケット。油井宇宙飛行士もソユーズ宇宙船でISSへ向かう予定だ。バイコヌール基地にて2013年3月に撮影された。
米航空宇宙局(NASA)は、ジョンソン宇宙センター(テキサス州ヒューストン)のギルラスセンター(Gilruth Center)で、国際宇宙ステーション(ISS)第37/38次長期滞在のクルーを乗せたソユーズ宇宙船打ち上げのパブリックビューイングを実施する。

今回の滞在クルーはマイケル・ホプキンス、オレッグ・コトフ、セルゲイ・リザンスキー宇宙飛行士。3名を乗せたソユーズ宇宙船は9月26日午前5時58分(日本時間)、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、約6時間後にISSとドッキングする。

ギルラスセンターでは、宇宙飛行士の訓練プログラムを紹介するチームによる、全世代向けの体力増進プログラムの概要、ホプキンス宇宙飛行士のフィットネスキャンペーン参加方法の説明会も行われる。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集