ナビタイム、阪急バス全エリアに対応…大阪府を追加

鉄道 企業動向

「バスNAVITIME」の検索画面イメージ。9月20日から阪急バスの大阪府エリアにも対応した。
  • 「バスNAVITIME」の検索画面イメージ。9月20日から阪急バスの大阪府エリアにも対応した。
ナビタイムジャパンは9月20日、同社が展開しているナビゲーションサイト「NAVITIME」「バスNAVITIME」の対応エリアに阪急バスの大阪府エリアを追加した。

従来は兵庫県と京都府の路線に対応していたが、大阪府エリアの追加によって阪急バス全エリアに対応した。KDDIと共同で提供している歩行者向けナビゲーションサービス「EZナビウォーク」「auナビウォーク」では、ルート検索のほか時刻表、周辺バス停検索、停留所名からのバス停検索なども可能となっている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集