JX日鉱日石、マレーシア・サラワク州沖深海鉱区を取得

エマージング・マーケット 東南アジア

JX日鉱日石開発は19日、マレーシア法人のJXニッポン・オイル&ガスエクスプロレーション(オフショア・マレーシア)がサラワク州沖深海2F鉱区に関し、 国営石油会社のペトロリアム・ナショナル(ペトロナス)と生産分与契約を締結し、本鉱区を取得したと明らかにした。

2F鉱区はサラワク州北西に位置し、水深100-1,200メートル、面積約5,500平方キロメートルとなっている。探鉱期間は4年。

JXニッポン・オイル&ガスエクスプロレーションは、試掘作業、電磁探査作業、三次元振探データ再処理などを行う。本鉱区の40%権益を保有する。

本鉱区取得により、JX日鉱日石開発はマレーシアにおいて6鉱区の権益を保有することになり、本鉱区は4つ目のオペレーター事業となる。マレーシアをコア事業国の一つと位置付けており、今後もマレーシアにおいて石油・天然ガス開発事業に取り組んでいく方針だ。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

特集