【WRC】オジエ、プッシュし続けることを誓う

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

セバスチャン・オジエ
  • セバスチャン・オジエ
  • セバスチャン・オジエ
2013年のWRCのチャンピオンシップにあと1ポイントと迫ったセバスチャン・オジエは、タイトル決定後も貪欲に勝利を求める意志を明らかにしている。

このフォルクスワーゲンのエースは、2位のティエリー・ヌービルに83ポイントのリードを保持した状態で、母国でのラリーに挑むこととなる。

オジエはチャンピオンを獲得するために必要なポイントはわずかに1。フランスのオープニングステージであるパワーステージでの勝利で獲得できる3ポイントがそれを決定する可能性があり、もしヌービルが勝てない場合、何が起ころうとオジエがチャンピオンとなる。

「奇妙な話だが、僕達は初日にタイトルを獲得することもできる。けれど、もしそうなったとしても、僕達はそこでストップしたりはしないよ。フォルクスワーゲンがマニュファクチャーのタイトルを得る為に、僕らは勝利に向けてプッシュし続けるつもりだ」とオジエは語った。

そしてオジエはさらに、「僕にとってはチャンピオンシップのプレッシャーを感じなくて済むので、今はよりリラックスできている。僕達はそれぞれのラリーを勝つための新しいチャンスと見なしているので、ラリーフランスはそうした勢いを維持するのに完璧な機会だ」と付け加えた。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集