ヤマトホールディングス、インドネシアに現地法人を設立

自動車 ビジネス 企業動向

ヤマトホ-ルディングスは、インドネシアに現地法人「インドネシアヤマト」を設立したと発表した。

インドネシアは、自動車メーカーや部品メーカーなど、製造業を始めとする多くの日系企業が進出し、ASEANの主要な製造拠点になりつつある。また、世界第4位の人口を抱え、今後は内需の拡大が見込まれている。

インドネシアを含むアジアのサプライチェーンは高度化していくと見られるめ、ヤマトグループではインドネシアに現地法人を設立し、インドネシアで物流需要を開拓していく。

新会社は顧客の物流倉庫内における業務設計や各種輸配送業務の手配などのコンサルティング事業を手掛ける。営業開始は11月の予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集