川崎重工、NYの通勤電車92両受注…オプション含め最大676両、同社過去最大規模に

鉄道 企業動向

川崎重工が米ロングアイランド鉄道・メトロノース鉄道から受注した新型通勤電車(画像はロングアイランド鉄道向け車両のイメージ)
  • 川崎重工が米ロングアイランド鉄道・メトロノース鉄道から受注した新型通勤電車(画像はロングアイランド鉄道向け車両のイメージ)
  • 米メトロノース鉄道で現在運行されている電車。今回川崎重工に発注された車両は2017~18年に尿入される予定
川崎重工業は9月19日、同社の米現地法人を通じ、ニューヨーク州交通局(MTA)傘下のロングアイランド鉄道(LIRR)とメトロノース鉄道(MNR)が共同調達する通勤電車92両を受注したと発表した。

契約は最大584両までのオプション付き。全て行使されれば総数676両、受注総額は最大18億3000万ドル(約1830億円)で、同社にとっては過去最大規模の鉄道車両契約となり、2022年まで製造が続くことになる。

同社が今回受注した車両は、LIRRがマンハッタンのターミナル駅、グランド・セントラル駅に乗り入れるための新線「イーストサイドアクセス」の開業(2019年予定)に合わせた新車投入と、老朽化した従来車の更新などを目的に導入される。

車両はステンレス製車体で、1両当たりの長さは26m、幅は3.2m。2両1編成で、最大14両(7編成)まで連結できる。製造は構体製作と機器取り付けを米ネブラスカ州のリンカーン工場で、最終組み立てや機能試験をニューヨーク州のヨンカース工場でそれぞれ行い、2017年から2018年にかけて順次納入する予定だ。

川崎重工はニューヨークやワシントンDCの地下鉄など、米各地の交通局から計4000両を超える受注実績があり、MNRの現在の最新車両「M-8形」も同社が製造している。同社は今回の受注について「北米での納入実績、契約履行能力、技術力、車両の信頼性、現地化比率およびアフターサービスが総合的に高く評価されたもの」としている。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集