ボーイング、2015年にC-17グローブマスターIIIの生産を完結

航空 企業動向

C-17グローブマスターIII
  • C-17グローブマスターIII
  • C-17グローブマスターIII
ボーイングは9月18日、2015年に『C-17グローブマスター』の生産を終了し、カリフォルニア州ロングビーチにあるC-17最終組み立て工場を閉鎖することを発表した。

ボーイングはパフォーマンスをベースとした後方支援契約である、C-17グローブマスターIII統合定着化プログラム(GISP)の一部として、世界中のC-17編隊に納入後のサポートを引き続き行う。

「我々の顧客はとても困難な資金環境に直面している。C-17の機能への要求が高い中、資金は生産ラインをオープンし続けるだけの追加購入をサポートすることができない」とボーイング防衛・宇宙及び安全の社長兼CEOであるデニス・ミュイレンバーグ氏は語った。

ロングビーチとジョージア州マコン、アリゾナ州メサとセントルイスにあるC-17生産プログラムを支えるほぼ3000人の従業員達が、2014年から開始される工場の閉鎖に伴って職を失うこととなる。ボーイングは求職資源や資金相談、退職セミナーを行うと共に、可能性のある仕事を会社の内外で探し求める補助をして、従業員達に援助を提供する。

このC-17生産打ち切りの決断は、44州にある650以上のサプライヤーにも影響を及ぼし、ボーイングとサプライヤーの持つ約2万人の雇用が喪失することとなる。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集